私は、10代の頃からずっと金髪を続けている、現在27歳の女子ですが、髪のことで困っていることといえば、抜け毛がかなり多いということです。
原因はやはり髪の毛を染めていたりブリーチをしていたりするダメージだと思うのですが、抜け毛が多すぎて、部屋中に髪の毛が落ちています。
知り合いが家に遊びに来ることが多く、その度に掃除をしたりするのですが、あまりにも抜け毛が多すぎていくら掃除をしてもきりがありません。
また、髪の毛を梳かしたりしても、髪の毛がよく抜けるため、周りに髪の毛が散らばったり、ブラシに髪の毛が絡まったりしたりしてしまいます。現在、抜け毛で困っていますが、それで金髪をやめようとは思っていません。

太い、硬い、多い、クセ強い!

私は自分の髪が嫌いです。太くて、硬くて、多くて、その上クセもとても強いのです。同じ姉妹でも姉は毛量は多いけれどクセは少なく扱いやすく、姉の髪質が心底羨ましかったです。小学校低学年の頃は今とは異なりストレートのロングでした。今では考えられないほどサラサラヘアで毎日ポニーテールにしていたことを覚えています。小学校高学年頃からホルモンバランスの関係で徐々に髪質が変わってきました。太くて、硬くて、多いのに加えて、強いうねりが出てきました。この髪のクセが本当に嫌で鏡で自分の髪を見ては何度も泣きました。それを見かねた母が美容院でストレートパーマをかけさせてくれました。施術後すぐはストレートですが1週間もしないうちにすぐにクセが戻ってしまいました。そのため、次はさらに強力なストレートパーマ、その次はさらに強力な縮毛矯正という具合で、髪を傷め続けていました。そのためいつもダメージが強く、毛先はいつも傷んでチリついていました。しかしながら、年齢を重ねるうちに、クセを無理に伸ばすよりもクセを生かしたスタイルに目を向けるようになり、パーマをかけるようになりました。スタイリングも簡単で朝の時間も短くなり楽になりました。無いものねだりで悩みは尽きませんが、努力しても変えられない自分の悩みとはうまく付き合っていくことが大事だと気付かされました。

たくさんのお母さんたちから選ばれている
新感覚の歯磨き粉ブリアンについて
参考になるのが下記のサイトです。
子供歯磨き粉うがいなしでも大丈夫